訪問演奏をコーディネートするNPOパフォーマンスバンク

『生演奏の楽しさをすべての人に!』

山の音楽家が園にきた!お歌とピアノの寸劇付コンサート

ココファン・ナーサリー国領にてまちの音楽隊のコンサートを開催しました。

今回は寸劇付コンサートを開催。
山の音楽家になりたい高瀬さんと山の音楽家たちが出会います。

f:id:seike1126:20170817130102j:plain

山の音楽家のおさるさん(左)
山の音楽家のパンダさん(右)
山の音楽家になりたい高瀬さん(中)

f:id:seike1126:20170817130130j:plain

(山の音楽家になれた高瀬さん)


その後みんなでドレミの歌を歌い、夏の歌メドレーを聞いて生演奏の世界へドンドン入っていきます。

f:id:seike1126:20170817130215j:plain

(ドレミの歌を歌う園児のみなさん)

 

その後はみんなの知っているアニメ曲をピアノと一緒に歌いました。

f:id:seike1126:20170817130256j:plain

サザエさんもみんなしっかりと歌えました!)

 

f:id:seike1126:20170817130330j:plain


アンコールは「ありがとうの花」
楽しいプログラムが続いたため、なんと0歳児も最後までコンサートをばっちり聴くことができました!

最高のコンサートの記念に担当の佐賀先生と写真をパチリ。

f:id:seike1126:20170817130353j:plain


左 高瀬さん(声楽)
中央左 コンサートの担当の佐賀先生
中央右 金子さん(声楽)
右 園田さん(ピアノ)

 

〜プログラム〜
・にじのむこうに
・山の音楽家
・ドレミの歌

〈日本の歌コーナー〉
・茶摘み
・我は海の子
・椰子の実
・夏の思い出

・アニメメドレー(サザエさんポケモン等)
・きみのこえ

アンコール
・ありがとうの花

木の香りとホルンの柔らかい音色に包まれて♪

7月最後の日曜日に「グランフォレスト学芸大学」様にて、ホルンカルテット「ちぇっく#」様のコンサートが開催されました!

「グランフォレスト学芸大学」様は今年2月に開設した新しい施設で、入ると木の香りがしてとても安らぎます。またペッパーくんがお出迎えしてくれてビックリ!

そんな居心地のいい施設で、「ちぇっく#」様はとても趣向のこらしたコンサートを開催してくださいました♪

f:id:khatnb1:20170806173737j:plain

まず、「笑点のテーマ」でつかみはばっちり!

次の楽器紹介では実際にくだをもって、「ホルンは、長く伸ばすと、3.6mもあるんですよ。」との説明で 会場から驚きの声が!

f:id:khatnb1:20170806173916j:plain

次にホルンの音をいかした「ホルン四重奏曲」で観客を引き込んでいきます♪

次の「でんでん虫組曲」では、手作りの紙芝居で、かたつむりの「でんでん君」が旅をしていくというストーリー仕立てとなっており、とても楽しい演奏になっていました!
紙芝居の絵は、メンバーの方が直筆で描いたとてもかわいらしい絵で、観客からも「かわいい」との声があがっていました^^
コーディネーターである私も紙芝居の絵をめくるのをさせていただきました!

f:id:khatnb1:20170806174455j:plain

f:id:khatnb1:20170806174528j:plain

その後の曲も馴染みのある曲が多く、歌詞カードがある曲はもちろん、ない曲も皆様いっしょに歌って楽しんでいるようでした♪

f:id:khatnb1:20170806174637j:plain

アンコールでは、誰もが知っている「茶摘み」が演奏され、盛り上がりのうちに終演となりました!

演奏が終わった後も、ホルンに皆様、興味津々で「どれくらいの重さなの?」との質問で、実際に手を取ってその重さ、感触を楽しんでいらっしゃいました!

f:id:khatnb1:20170806174756j:plain

◆【演奏曲目】
1.笑点のテーマ/中村八大
 ―楽器紹介―
2.ホルン四重奏曲/C.ホミリウス
3.でんでん虫組曲/森隆一郎
4.夏の思い出/中田喜直
5.見上げてごらん夜の星を/坂本九
6.高校3年生/舟木一夫
7.上を向いて歩こう/坂本九

<アンコール>
8.茶摘み/文部省唱歌

f:id:khatnb1:20170806174903j:plain

 

心安らぐオカリナの音色

こんにちは!パフォーマンスバンクの瀧本です!

 

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は毎日欠かさずアイスを食べて過ごしています。笑

 

さて、本日はデイサービスセンター友の里旗の台にて、

オカトロさんによるコンサートを開催しました!

 

f:id:htakimoto:20170801190008j:plain

 

 

シャツの柄に譜面台のひまわり、夏を感じさせます。

(僭越ながら譜面台の飾りは私がさせて頂きました。)

f:id:htakimoto:20170801185926j:plain

 

プログラムは「浜辺の歌」「夏の思い出」など季節にあった曲から、

「銀座カンカン娘」「悲しき口笛」等ポピュラーな曲まで演奏頂き

歌詞カードのない曲でも歌う方が多くいらっしゃいました!

 

演奏だけでなくMCもお上手なオカトロさん。

笑い声も混ざりながら和気あいあいとした雰囲気でコンサートが進みます。

 

f:id:htakimoto:20170801185941j:plain

 

「コンドルは飛んでいく」では、オカリナの柔らかい音色に

「素敵だね」とお声をかけて下さる方もいらっしゃいました。

コンドルは飛んでいくは一番リクエストを受ける曲だそうです。

 

コンサート終了後もすぐに「オカリナ見せて!」との声があり、

お客様との距離が近いコンサートとなりました!

 

 

 

〜プログラム〜

1. 花

2. 浜辺の歌

3. 椰子の実

4. 夏の思い出

5. 五木の子守歌

6.  コンドルは飛んでいく

7. 銀座カンカン娘

8. 悲しき口笛

9. 東京キッド

10. 上を向いて歩こう

アンコール. 青い山脈

 

 

 

 

 

准認定ファンドレイザー試験~合格体験記~

代表の鈴木です。

「准認定ファンドレイザー試験」に合格しました!!

f:id:pbank:20170727111533p:plain

NPO を率いる人間としては必修科目だよね、と思って受験を決め、1回目の試験で無事に合格となりました。合格率は7割くらいなので決して難しい試験ではありませんが、ここ数日は「そろそろ届くかな~」とソワソワf(^^;)


試験に関してあまり情報が出回っていないように思われるため、今後受験を検討している方の参考のため、試験の感想などを記しておきたいと思います。

 

・選択式70点と記述式30点
4択の選択問題が35個あったので、おそらく配点は1個につき2点ずつ。

記述式は穴埋めのものと、そこそこボリュームの文章を書かねばならないものが混在していました。自分が受験した時は「次に挙げる資金調達方法のメリット/ デメリットを2つずつ書きなさい」や「ドナーピラミッドの○○から△△へステップアップさせる方法を具体的に書きなさい」といったものが出題されました。

 

・受験票を忘れても大丈夫
ほんとはダメなんですが(汗)ごめんなさい。。。
人生初の受験票忘れをやってしまい受付でその旨を告げると、その場で受験票を再発行してもらうことができました(意図的にマネしないでください)。

 

・例題からまんま同じ問題が出る
試験の10日ほど前に最終確認メールが届くのですが、そこに添付されている例題からもいくつか全く同じ問題が出題されていました。なので必ずチェックした方が良いです。

 

・出題範囲
やっぱりテキストの内容がメインという印象。そしてがっつり暗記しておかないと答えられないものもチラホラ。「寄付集めの7つのステップの○番目・△番目・×番目はそれぞれ何?」とか「Actionフレームワークはそれぞれ何の頭文字?」など。

寄付白書からの出題は、問題数は少ない割に細かい内容が多く、もし勉強時間が足りないなら捨てるのもアリかも。

試験範囲の最後に指定されている『公益財団法人助成財団センターのホームページに掲載されている最新の「日本の助成財団の現状」のうち、「概況」』についてもちゃんと出題されていました。ボリュームも少ないので丸暗記して臨むのが良いかと思います。

オカリナと緑ある自然はマッチすると思いませんか?

こんにちは!

コーディネーターの伊藤です。

 

暑いですね〜!

この日もとても日差しが強くて移動だけで汗だくになってしまいました。

皆さんも、外出中は水分、塩分とって熱中症に注意してくださいね^^

 

【訪問施設】

今回はグランフォレストときわ台さんのコーディネートに行ってきました!

www.fillcare.co.jp

介護施設というと皆様どんなイメージを浮かべますか?

私自身、正直暗そうなネガティブなイメージでした。

グランフォレストときわ台さんは、自然溢れる施設様なんです!

背景をごらんください。緑が印象的ではないですか?

夏の都会の中にもこんな自然があると涼しさを感じますね。

f:id:itotatsuya:20170727121435j:plain

玄関に入る前のお庭から緑が多く和の庭園印象的で、施設に入ってからも家具や壁なんかも木を主体に建築されていて木の温もりを溢れる、とても過ごしやすそうな環境が印象的でしたよ〜。

こんな緑溢れて明るく綺麗な施設なら将来入居も考えちゃいますね笑

 

【演奏者】

今回、演奏していただいたのはココナツ堂さんです!

いろいろな種類のオカリナで多彩な音色を奏でていただきました。

f:id:itotatsuya:20170727121516j:plain

演奏会始まる前にお客様から、「オカリナの歴史は古いんですか?」

なんてコミュニケーションからスタートし自分自身も興味津々で聞きました。

オカリナの語源はイタリアが発祥地で小さなガチョウoca:ガチョウ rina:小さい)」に由来し、正式な発音としては「オカリーナ」と呼ぶそうです。

また、歴史はとても古くて1860年ごろにジュセッペ・ドナティさんさんにより今の形に落ち着いたそうです。それまではオカリナに似た楽器はマヤ文明から発掘されているそうですね。深い。音色と同じくらい深いです。

 

【コンサートの工夫】

お客様に楽しんでいただくために工夫も凝らしていただいております。

エッグシェイカー(手持ちのマラカスなような楽器)を用意していただきました!

すごく綺麗ですよね!籠の装飾とシェイカーは手作りだそうです。

器用で多才な方です。

f:id:itotatsuya:20170727121655j:plain

 

【演奏会開始】

下記写真のお手元をごらんください、「チャカリナ」と言います。

見た目はお茶わんそのものです。

正式にはチャカリーナでしょうか?

決してお茶を飲むためにご用意したわけではありません。(飲めるかもしれませんが)

f:id:itotatsuya:20170727121944j:plain

 

他にも下の写真では小さいオカリナで小鳥のさえずりのような音色を奏でるオカリナです。小鳥という曲を演奏していただきましたが、小鳥のさえずりによく似ていて

まさにぴったりな選曲でした^^

f:id:itotatsuya:20170727122349j:plain

 

低音も奏でられるオカリナもあります。

青い山脈という曲で演奏していただきましたが、低音が曲調ととてもマッチしていました!

f:id:itotatsuya:20170727122403j:plain

オカリナでもいろいろな種類があり、一つ一つに個性を感じましたよ!

 

お客様も「へー」と感心している様子がうかがえました。

 

演奏会は終始、皆様元気に歌ったりエッグシェイカーを振ったり楽しんでいただけました!

終わった後も「ありがとうございました」や、「歌詞カードもらっていいですか?」など声をかけていただいたり、「お孫さんにエッグシェイカーをプレゼントしたいので、いただいていいですか?」なんて交流もありました!

いろいろな交流もあり、お客様の良い思い出になればいいな〜と思いました。

 

 

 

今回のコンサートは、施設様の豊かな自然とオカリナがとてもマッチした印象でした。

なぜ?トトロ?ゼルダ?の印象が自然を思い出させる?(引き出し少なくてすみません)とも思いましたが、多分、オカリナの歴史の深さと自然の材質から作られた電子楽器には出せない暖かい音が緑溢れる施設とマッチしたのではないかと思いました。

 

次回のコンサートも楽しみです!

 

以上。

 

下記が曲目です。

ここに幸あり

知床旅情

・夏の思い出

・浜辺の歌

・小鳥

青い山脈

・母の歌

・命の歌

・愛燦燦

アンコール

上を向いて歩こう

 

みんなで大合唱!オカリナ・ギター演奏

こんにちは。パフォーマンスバンク名古屋支部の西川です。

今回は、7月16日の午後2時から行われた、オカリナ・ギター演奏会のコーディネートをさせていただきました。場所は老人ホームなごみの家鶴里さんでした。

f:id:khatnb1:20170722221043p:plain

奏者はオカリナ・ギターのデュオ、HappyRoadさん。お2人はもともと会社の先輩・後輩という間柄だったそうで、演奏においても息ぴったりでした!

f:id:khatnb1:20170722221313p:plain

今回はHappyRoadさんのご厚意で、たくさんの曲の歌詞カードを作っていただいたおかげもあって、ほとんどのポピュラーソングで利用者さんは大合唱でした!歌詞カードがない曲も、みなさん鼻歌などで楽しまれていて、終始和やかな演奏会でした。

f:id:khatnb1:20170722221430p:plain

楽器紹介コーナーでは、様々な種類のオカリナを紹介していただきました。その種類の豊富さには私を含め、みなさん驚かれていました。

f:id:khatnb1:20170722221510p:plain

オカリナとギター、中々普通の演奏会では聞くことのできない、貴重なデュエットの音色を施設の方にお届けすることができました。

f:id:khatnb1:20170722221555p:plain

〜プログラム〜
1.オーソレミオ
2.りんごの唄
3.青い山脈
4.禁じられた遊び
5.学生時代
6.南国土佐を後にして
7.チャールダッシュ
8.川の流れのように
9.夜明けの歌
10.上を向いて歩こう
11.ふるさと

夏がやってきました、ココファン桜川!

こんちには、コーディネーターの大平です!

いよいよ夏が本格化してきましたね。
三連休はみなさんいかがお過ごしでしょうか。私は三連休であることすら、忘れていました。笑
そんな夏ボケ真っ只中ですが、
ココファン桜川にて森川なつみさん&邨田由里子さんの歌とピアノの演奏会がありました!

f:id:khatnb1:20170717200605j:plain

いつもと違い、お客さんの集まりが悪く三連休の中日で人が集まらないんじゃないか、、と心配したのですが、
はじまると歌声につられてか徐々に人が増え、気づいたらあふれんばかりの人に集まって頂けました〜!
やっぱり、オーディエンスがたくさんいた方がゲストも気合いが入ります。

f:id:khatnb1:20170717200656j:plain

夏の気分を味わおうということで、夏の曲目をピックアップしてくださいました。
今回は声楽が専門の方による演奏で聞いている方たちも大きな声で歌ってくださり、楽しんでくださる様子をみてこちらもほっこり。
また昔ながらの歌だけでなく、声楽の専門ということでクラシックの「私のお父さん」の曲も聞かせて頂きました
お父さん、結婚許してくれないと川に身を投げちゃうよ!というチャーミングな内容。
私もすっかり聞き入ってしまいました。

最後にはアンコールの声掛けも頂き、
大変盛り上がったコンサートとなりました♪( ´θ`)ノ

f:id:khatnb1:20170717200816j:plain

◆本日の曲目〜

少年時代
涙そうそう

海外の民謡
ダニーボーイ
峠の我が家

(みんなで歌おう)
我は海の子
浜辺の歌
夏の思い出

〜ピアノソロ〜

私のお父さん

さとうきび畑
瑠璃色の地球