訪問演奏をコーディネートするNPOパフォーマンスバンク

『生演奏の楽しさをすべての人に!』

楽しい時間はあっという間!豪華な合同演奏会♪

6月10日、アルタクラッセ二子玉川様にて、Toipp(トイップ)様、Bourgeon(ブルジョン)様による合同コンサートを開催させていただきました!

前半はToipp様による打楽器・クラリネット・ピアノのコンサートからスタート!

f:id:khatnb1:20180617191209j:plain

珍しい編成のため、なかなか楽譜がないそうですが、Toipp様が素敵にアレンジして、3人の繰り出す音が会場に響き渡り、観客の皆様を包み込んでいました。

曲もとてもバラエティに富んでます。

最初は和田アキ子の曲でノリノリな感じで始まり、次にピアノの曲でその優美さに観客の皆様も聴き入っていました♪ 

f:id:khatnb1:20180617191654j:plain

クラリネットメインの曲では、クラリネットを自由自在に操り、その幅広い表現は思わず息をのんでしまうほど!

また打楽器が刻むビートが、とても豊かなサウンドとなって響き渡っていました。 

f:id:khatnb1:20180617191512j:plain

そして時代劇メドレーでは、お馴染み「水戸黄門」や「銭形平次」などの、誰しもが知っているメロディーが演奏され、思わず楽しくなりました^^

楽器紹介コーナーではクラリネットの一番低い音から一番高い音まで実際に吹いて、その幅広い音に皆様興味津々!

f:id:khatnb1:20180617192118j:plain

またカホンは箱型の打楽器で、1台でいろんな音が出るそうでホント楽しそう!
他にもいろいろ打楽器があり、曲に応じて様々な音を使い分けているようです。

そしてToipp様の最後の曲の「上を向いて歩こう」では、観客の皆様もいっしょに歌って、前半の演奏は終了。

f:id:khatnb1:20180617192323j:plain


次のBourgeon様にバトンタッチ!

Bourgeon様は現役音大生のフルートデュオで先月、奏者インタビューにも応じていただきました。

奏者インタビューの記事はこちらから↓

blog.p-bank.org

 
お二人ともとても仲良しとのことで、今回の演奏でもお二人の奏でるフルートの音が見事にマッチしていました。

f:id:khatnb1:20180617192923j:plain

曲もクラッシックの優美な曲から、馴染みのある定番の歌謡曲など、フルートから溢れ出る優雅な音色に、観客の皆様もとても魅了されていました♪

f:id:khatnb1:20180617194041j:plain

楽器紹介コーナーではフルートを分解したり、分かりやすく紹介されていました。
皆様の目と耳が釘付け!

f:id:khatnb1:20180617193152j:plain

フルートと、その前に紹介されていたクラリネット木管楽器ですが、その違いを同時に楽しめるのも合同演奏ならではですね^^

f:id:khatnb1:20180617193253j:plain

 

そして演奏会が6月ということ、6月の歌メドレーも演奏していただきました♪

Bourgeon様の最後の曲は「青い山脈」で、観客の皆様も合唱、過去を懐かしむ姿もありました。

f:id:khatnb1:20180617193817j:plain


そして次はお待ちかね、合同演奏です!
1つ1つの楽器の奏でる音が見事に調和されて、会場全体に響きわたっていきました。

f:id:khatnb1:20180617194236j:plain

そして最後の曲の「川の流れのように」では、楽しそうに観客の皆様も大きな声で歌っていらっしゃいました♪

ここでアンコール!
これが本当に最後の曲となり、観客の皆様と「ふるさと」を歌って、コンサートも最高潮に達し終演となりました!!

f:id:khatnb1:20180617194440j:plain

今回2組の奏者様のコンサートで通常より長い時間でしたが、楽しい時間はあっという間に過ぎ、観客の皆様にも心に残るコンサートになったことでしょう!


~演奏曲目~
◆Toipp様
1. 古い日記
2. 子犬のワルツ
3. クラリネット協奏曲
4. 時代劇メドレー
5. 上を向いて歩こう(歌詞カード有)

◆Bourgeon様
1. ユモレスク
2. 涙そうそう
3. 魔笛より
「なんという不思議な笛の音だ」
4. 6月の歌メドレー
5. 青い山脈(歌詞カード有)

◆合同演奏
1. いつでも夢を
2. 川の流れのように(歌詞カード有)

<アンコール>
3. ふるさと

f:id:khatnb1:20180617194842j:plain

素敵な演奏をしていただいたToipp様、Bourgeon様、ご協力いただきました御施設の皆様、本当にありがとうございました!!

音楽療法講演会 - 音楽が最期の贈り物になるとき(佐藤由美子さん)

代表の鈴木です。本日は音楽療法士 佐藤由美子さんの講演会に行ってきました。

f:id:pbank:20180606094213j:plain

 

佐藤さんは、アメリカを中心に活躍する音楽療法士で、終末医療における音楽療法の実践を専門とされている方です。

バフォーマンスバンクでは介護施設への訪問コンサートを多数手がけていますが、演奏を聴いて涙する方の姿や、演奏に合わせて大声で歌を歌うイキイキとしたお客様の姿を目にすることがたくさんあり、音楽の持つ偉大な力を常々感じています。この音楽の不思議な力を紐解くため、音楽療法には以前より興味があって少し独学でかじったこともあったのですが、今回は事務所を置く船橋市での講演会の情報が目についたので、足を運んでみることにしました。

 

<学びのまとめ>
1.音楽は人と人とをつなぐ
2.音楽療法には責任が伴う(=医療行為として目的を持って行われるもの)
3.楽しませることに注目するのもアリ


1.音楽は人と人とをつなぐ
会の冒頭で、佐藤さんからあった言葉です。パフォーマンスバンクの理念「生演奏の楽しさをすべての人に〜音楽で心と心をつなぐ〜」にも通ずるところがあり、一気に親近感を持った瞬間でした。

佐藤さんが音楽の力を感じた初めてのケースとして、アメリカでの大学1年の時のボランティア活動のことが紹介されました。授業の一環で近所のデイサービスにボランティア活動に行かねばならず、言葉も通じない環境で何をやろうか迷った挙句に、たまたまその場にあったピアノを弾いてみたら、その場の空気が一気に変わったそうです。「言葉は通じなくても音楽で心が通った」と佐藤さんは感じられたそう。

これに似た経験は私も何度もしてきました。原点にあるのは高校の吹奏楽部での特別支援学校(当時は養護学校という名称)への訪問演奏。自分たちの演奏を間近で聴いて熱狂する生徒達の姿を見て、音楽の持つ偉大な力を感じました。これがパフォーマンスバンクの活動の原点にあります。

 

2.音楽療法には責任が伴う(=医療行為として目的を持って行われるもの)
佐藤さんが終末医療における音楽療法の専門家ということもあり、講演会中に紹介された事例の多くにおいて、人生の最終段階にある人たちの姿が扱われました。そんな姿を見たこともあって、音楽療法は気軽に使ってはいけないものなのかも、と思いました。

音楽療法は治療や苦痛の緩和などの「目的」を持って行われるもの。だとすると、その患者の人生に寄り添う覚悟を持って使わねばなりません。

しかし、これはあくまで終末医療での利用の話であり、佐藤さんのお話の中では「音楽療法は人生すべての段階で人々をサポートする」というお話もありました。人生の最後を安らかに迎えるためでなく、日々の生活をイキイキと過ごすために行われる音楽療法であれば、もっと気軽に使えるケースもあるのかも知れません。ここはもっと勉強が必要なポイントだと思っています。

 

3.楽しませることに注目するのもアリ
佐藤さんの行なっている音楽療法は「ライフレビュー(音楽回想法)」という方法で、患者個々に応じた懐メロで昔の記憶を想起させつつ、さらにセラピーの要素で内省をさせる手法を用いているそうです。

これをパフォーマンスバンクでの訪問演奏にも活用できないかと最後に質問をしてみたのですが、高齢者に向けて音楽を届ける活動においては必ずしもライフレビューが必要なわけではなく、音楽を使って楽しい時間を過ごしてもらうことに注目した手法もあるようです。

どちらに舵を切るにしても、「懐メロで昔の記憶を想起させる」というのは、おそらく計算して活用すべき手法と思われます。データは集まりつつありますが、介護施設でどんな曲がウケるのかを更に深掘りしていく必要がありそうです。

クラシカルサクソフォンの優雅な音色がお誕生日会に華を添えます

5月26日は神奈川県横浜市介護施設に、サクソフォン奏者 野中裕子 様の演奏をお届けしました!

 

こちらの施設はパフォーマンスバンクのご利用は初めてでしたが、始まりは約10日前の「お誕生日会に演奏を予定していたピアニストが急遽都合が悪くなって困っている」とのSOS。パフォーマンスバンクでは、通常は1ヶ月半程度の準備期間を頂いているのですが、ちょうど活動拠点が近い野中様にお力添えを頂き、本日のお誕生日コンサートが無事に開催の運びとなりました。

 

f:id:pbank:20180430112621p:plain

コンサートは冒頭に無伴奏での「Happy Birthday to You」の演奏のプレゼントがあり、以降は伴奏も交えて以下の曲目が演奏されました。

 

〈プログラム〉
アイガットリズム
ロンドンデリーの歌

朧月夜
日本の遊び唄メドレー
アルプス一万尺
見上げてごらん夜の星を
東京キッド
情熱のカンツォーネメドレー
ふるさと
上を向いて歩こう(アンコール)

 

アイガットリズム〜ロンドンデリーの歌をじっくり聴いて頂いたあとは「花」と「朧月夜」を会場の皆さんにも歌って頂いたのですが、「花」の冒頭から非常に大きな歌声が響いていたことに驚きました。f:id:pbank:20180430113255p:plain

 他の訪問演奏では、最初は照れもあってなかなか声が出ないこともあるのですが、野中様からの司会の中でもあったように、クラシカルサクソフォンの音色は人間の声に近いこともあって、会場の皆さんの歌声を引き出していたようです。

 

また、普段はなかなか聴くことのないクラシカルサクソフォンの音色に吸い寄せられるかのように、プログラムが進むにつれてどんどんご利用者様が集まり、当初用意していた歌詞カードが足りなくなるほか、座る席までもが足りなくなるほど。

f:id:pbank:20180430113934p:plain

美しいサクソフォンの音色で素晴らしいお誕生日会となって嬉しい気持ちと同時に、クラシカルサクソフォンの魅力をさらに拡げていきたいという想いが湧くコンサートとなりました。

急なお願いにも関わらず素晴らしい演奏をお届けいただいた野中様、本t脳にありがとうございました!

異色の組み合わせ!アレンジの幅に感動の1時間♪

こんにちは!

すっかり暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

コーディネーターの北爪です!

 

5月20日、そんな暑さを吹き飛ばすような爽やかな演奏会をお届けしてきました!!

 

演奏者さんは、今回が初のコンサートとなるToippさん。(といっぷ)

f:id:GOEMONKUN:20180527010524j:plain

 

打楽器とクラリネット、ピアノという異色の組み合わせです。

大学時代の同級生というみなさん、さすが息ぴったりです。

 

f:id:GOEMONKUN:20180527010734j:plain

 

普段あまり聞くことのないクラリネットメインのアレンジと、打楽器の華やかさ、そしてピアノの暖かな音色に会場は一瞬にして虜に。

爽やかな音色に、暑さを忘れて聴き入りました♪

 

 

f:id:GOEMONKUN:20180527011043j:plain

 

楽器紹介では、クラリネットの音域の広さが話題に!

さらに打楽器の種類の多さに会場からも「面白い!」や「演奏の仕方がすごい」など感想をいただきました。

f:id:GOEMONKUN:20180527011334j:plain

 

ピアノメインの曲も演奏していただき、本格的なクラシックに午後の優雅なひと時を過ごしました。

f:id:GOEMONKUN:20180527011458j:plain

 

終演後も奏者の方と施設の方とでお話をされ、音楽以外での交流も楽しむことができた演奏会となりました。

 

Toippの皆さん、今後ともよろしくお願いいたします!

 

プログラム

3、クラリネット協奏曲
4、リスト:愛の夢
6、よこはまたそがれ
7、銀座の恋の物語
8、古い日記
9、時代劇メドレー
アンコール

息ぴったり!素敵な弦楽姉妹♪

皆さん、こんにちは!
5/19(土)、浅草に近い愛ふれあだんらん元浅草様にて、伊藤日菜子様・葵様による演奏会が開催されました。

伊藤様は同じ音大で通う御姉妹で、日菜子様(姉)はヴァイオリン、葵様(妹)はチェロを演奏してくださいました。御姉妹で演奏されるって、とっても素敵ですね^^

 

f:id:khatnb1:20180523235722j:plain

 

最初の曲は「愛の挨拶」
美しい曲で、お二人の奏でる音が、とっても心に響きます。

 

そして次の曲はテレビでもお馴染みの葉加瀬太郎の「情熱大陸
まさにヴァイオリンのための曲で、盛り上がりますね!

f:id:khatnb1:20180524000044j:plain

 

さて、次の曲はバッハの無伴奏チェロ組曲1番より「プレリュード」
今度は、まさにチェロのための曲で、チェロの奥深い音が響き渡ります!

f:id:khatnb1:20180524000214j:plain

 

お次は「面白い編成の特集」と題して、クラッシックの名曲が続きます。

御姉妹の息のぴったり合った音色が、心の奥深くまで染み込んでくるようでした。

 

そして坂本九の「上を向いて歩こう」では、アットホームな雰囲気の中、ご利用者の皆様も楽しそうに歌っていらっしゃいました!

 

次は「ブレーバル」のデュオ
2つの楽器ですが、まるでオーケストラのような演奏を聴いているようでした。

 

ここで質問コーナー!
「何歳から楽器を始めたんですか?」との質問がありました。
なんと日菜子様は3歳のときにヴァイオリンをサンタさんからプレゼントされたそうです♪
皆さんから「いいなー」との声が!!

f:id:khatnb1:20180524001001j:plain

ヴァイオリンもチェロも、いろいろサイズがあり、年齢に応じてサイズを変えていくそうです。

それから弓は何と馬のしっぽの毛が使われているそうです^^
そんな楽器の話に、ご利用者様も興味津々!

f:id:khatnb1:20180524001257j:plain


さて、最後の曲は、これもテレビのお馴染みの葉加瀬太郎の「エトピリカ
まさしくエンディングにふさわしいですね♪


そして、大きな拍手とともにアンコールの声が!
アンコールでは、坂本九の「 見上げてごらん夜の星を」を皆様といっしょに歌って、会場は盛り上がりのうちに終演を迎えました♪

f:id:khatnb1:20180524000544j:plain

◆演奏曲目
1. 愛の挨拶(エルガー
2. 情熱大陸葉加瀬太郎
3. 無伴奏チェロ組曲1番より プレリュード(バッハ)
4. 春(ビバルディ)
5. 主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
6. 交響曲 第1番より抜粋(ブラームス
7. 上を向いて歩こう
8. ブレーバル デュオ
9. エトピリカ葉加瀬太郎

~アンコール~
10. 見上げてごらん夜の星を 


とても素敵な演奏していただいた伊藤様御姉妹、演奏会をとても盛り上げてくださった愛ふれあだんらん元浅草の皆様、本当にありがとうございました!

5月13日 母の日にオペラを届けてきました!

こんにちは。

コーディネーター伊藤です。

5/13 母の日イベントでオペラコンサートをお届けしてきました。

今回演奏していただいたのは、オペラアルモニーアの皆様です!

f:id:itotatsuya:20180520204305j:plain

私はオペラを初めて聞きました。

リハーサルから、皆さんの声量すごいんです!

お部屋が揺れるくらい力強いんですね!

 

本番が始まると皆様、素敵な歌声、表情で歌っていただきました。

それぞれの歌声を活かした曲目を代わる代わる歌っていただきました!

f:id:itotatsuya:20180520205011j:plain

f:id:itotatsuya:20180526183103j:plain

f:id:itotatsuya:20180526183019j:plain

母の日のをテーマに歌っていただきました。

各曲はロシア語と日本語の両方で歌い分けることもしていただき工夫されていました。

f:id:itotatsuya:20180526183157j:plain

今回驚いたのは、声量です!

さすがオペラ歌手さんです!部屋全体が揺れるくらいの声量でした!

その力強さは素晴らしいです!

f:id:itotatsuya:20180526183735j:plain

f:id:itotatsuya:20180526183903j:plain

f:id:itotatsuya:20180526183510j:plain

アンコールのふるさとで締めました!

とても豪華なふるさとでした!

f:id:itotatsuya:20180526183627j:plain

 

演奏会曲目

①からたちの花(山田耕筰作曲)

②カチューシャ(ロシア民謡

カタリカタリ(カルディッロ作曲)

④この月の夜に(チャイコフスキー作曲)

⑤オーソーレミーオ(カプア作曲)

⑥ミュージカル「マイフェア・レディ」踊り明かそう(ロウ作曲)

⑦オペラ「蝶々夫人」ある晴れた日に(プッチーニ作曲)

⑧「椿姫」乾杯の歌(ヴェルディ作曲)

~アンコール~

⑨ふるさと

 

響きわたるハーモニー!

こんにちは!パフォーマンスバンクの須田です。


5月12日(土)ココファン西川口様にてMusical Company ZERO様による演奏会を行いました。
歌3人のハーモニーが会場いっぱいに響きわたり、とても素敵でした!
聞いてくださっている方が知っている曲も多く、終始和やかな雰囲気に包まれた演奏会になりました。

f:id:GOEMONKUN:20180613172831j:plain

最初に歌って頂いた曲はミュージカルキャッツの「メモリー」です。
歌声に迫力があり自然と引き込まてしまいました。
この曲は聞いたことがあったのですが、生で聞くのは初めてで生声の素晴らしさを改めて感じました!

f:id:GOEMONKUN:20180613172849j:plain

また「りんごの歌」はソロ、「麦畑」は2人で歌ってくださいました。
それぞれ違った良さがあり、楽しませてくださいました。

f:id:GOEMONKUN:20180613172904j:plain

 

f:id:GOEMONKUN:20180613172921j:plain

最後の曲「翼をください」では3人のハーモニーが綺麗でした。
自分も小学校の時に歌いましたが、全く違う曲なんではないかと思うぐらい聞き入ってしまいました。
このような素晴らしい生歌声を聞けるのもコーディネーターの特権だなと感じていました。

f:id:GOEMONKUN:20180613172937j:plain

ココファン西川口様、Musical Company ZERO様、本当にありがとうございました!