訪問演奏をコーディネートするNPOパフォーマンスバンク

『生演奏の楽しさをすべての人に!』

弦楽器の西洋と東洋の夢のコラボレーション!!

 

こんにちは、大阪支部コーディネーターの岩井です。

11月12日にココファン深江橋様にて、バイオリンと二胡のジョイントコンサートを行いました。

バイオリンは長澤佑樹さん、二胡は山口真央さんです。
お二人とも楽器の新たな可能性を追求する演奏スタイルであるという共通点から、今回のコラボレーションが実現しました!

 

f:id:htakimoto:20171116173436j:plain

 

またお互い弦楽器同士でとてもハモりやすいとのことで、演奏前からワクワクしました。

最初は二胡のソロで津軽海峡冬景色から始まりました。

二胡の独特の音色が津軽海峡冬景色の切ないメロディにマッチしていました。
そのメロディをバックに長澤さんから、今回の演奏のご紹介をしていただき聴き手の皆さんもじっくり聞き入っておられました。

もみじ、ふるさと、赤とんぼと馴染みのあるメロディが続き、口ずさんだり、手拍子をしてる姿もありました。

途中で、11月にお誕生日の方がおられるとのことで、Happy Birthdayを演奏していただきました!!
誰でも歌えるメロディですが、バイオリンと二胡のアンサンブルで聴くメロディはまた特別なものだったのではないでしょうか。

 

f:id:htakimoto:20171116173446j:plain

最後は、耳馴染みの良い曲の中でもひときわアップテンポな情熱大陸を演奏していただきました。

バイオリンで演奏されるのが大変有名ですが、今回は二胡とのアンサンブルということで、一味違ったパフォーマンスになり、手拍子も忘れて魅入られている様子が印象的でした。

アンコールは、それぞれのソロの持ち曲から一曲ずつ演奏していただきました。

二胡の演奏では大変有名な賽馬(さいま)を演奏していただきました。
馬が草原を走る蹄の音や、馬の鳴き声などが表現されたメロディで中国の壮大な自然と文化を感じる演奏でした。

 

f:id:htakimoto:20171116173453j:plain

バイオリンでは、華やかなバイオリンソロで有名なチャルダッシュを演奏していただきました。
弦の情緒溢れるメロディから指の動きが見えないくらい早いパートへの移行、ハーモニクスなど中世ヨーロッパで発展した音楽を披露していただきました。

 

f:id:htakimoto:20171116173511j:plain

 

この東洋と西洋のコラボレーションには聴いていただいた方々も大興奮で、たくさんのまた来てねー!とのお声とともに演奏を終えることができました。

演奏していただいた長澤佑樹さん、山口真央さん、そしてご協力いただいたココファン深江橋の皆様、ありがとうございました!


【演奏曲目】
津軽海峡冬景色
また君に恋してる
もみじ
ふるさと
赤とんぼ
愛燦燦
情熱大陸

【アンコール】
賽馬二胡ソロ)
チャルダッシュ(バイオリンソロ)