訪問演奏をコーディネートするNPOパフォーマンスバンク

『生演奏の楽しさをすべての人に!』

合唱に挑戦

パフォーマンスバンクの新たなプログラムづくりの一環で、
とある場所で合唱を披露することになりました。

 

ソプラノ :現役音大生(リーダー)
アルト  :音大卒
テノール :合唱経験なし
バス   ;合唱経験なし
ピアノ伴奏:音大卒

 

という男声と女声の戦力差がありすぎるメンバー構成です(汗)

 

本日、初練習でしたが、予想外に音が取れた!そして楽しい!!

 

数か月前より吹奏楽団を一時休団しているため、
人と一緒に音楽を奏でることの楽しさを久々に感じました。

 

歌の練習のはずが、
・とにかく笑顔!
・体を適度にリラックスさせること
といったことを何度もリーダーからご指導頂きました。

 

それが歌を歌う上でとても重要なんだとか。
笑顔&リラックスは日常生活にも良い効果がありそうです^^

 

余談ですが、男声パートがヘ音記号の楽譜でうへーと思っていたら、
ヘ音記号の楽譜はト音記号のつもりで読むと
アルトサックスのE♭管の音で取れることに助けられました。