訪問演奏をコーディネートするNPOパフォーマンスバンク

『生演奏の楽しさをすべての人に!』

好きなことをしながら、サックスが響いている施設ならではのコンサート

 

奏者様はプロのサックス奏者の旧橋壮様でした。
曲目は奏者様のこだわりで当日までのお楽しみということで、本番まで何の曲が演奏されるのかと
利用者の皆さんわくわくしておられました。

 

ピアノのアンプを伴奏に、サックスの演奏がスタートしました。
プロの実力というのでしょうか。1人での演奏にかかわらず、音が響き渡り、あっという間に会場の空気がかわりました。

曲目は全7曲で、ジャズから日本の曲まで様々な曲がありました。
利用者様の80代の方は日本の古い曲、70代の方はジャズといったように、年齢層のよっても好みがあるという話を後から伺いました。そのため、年齢にかかわらず皆さま楽しめたのではないでしょうか。

途中にはサックス紹介がありました。旧橋様がその場でサックスを解体され、全て組み立てなくても音が出るのだということを実践してくださいました。利用者様の方々から「おお」という反応がありました。

アンコールは予定していなかったのですが、みなさんのご要望があり、
最後はふるさとを演奏してくださいました。そのため、全8曲となりました。

利用者様の方は、椅子に座ったまま聞いたり、マッサージをされながら聞いたりといった、それぞれ自由に過ごされながら聞いていらして、ある意味施設で演奏するからそういう形で出来るのではないかと思い、タイトルに挙げました。
真面目に聞いていないという意味ではありません。
リラックスしながら聞けるというのが、このような演奏会の形の、醍醐味ではないでしょうか。

コンサート後も施設長さんが伴奏をとり歌を歌われていたため、皆さまの音楽好きが伝わってきました。

終わった後に私と奏者様のもとにわざわざかけつけて下さり、「本当にありがとうございました!」
とやや感涙されている方もいらして、本当に良かった、という気持ちになりました。

施設の方、利用者の方、演奏者の方、携わってくださった全ての方々、
ありがとうございました!

ドキドキ!うっとり。お楽しみ演奏会

 

11月21日に学研こども園にて、星の音楽隊様による演奏会が行われました。
星の音楽隊様はコロラトゥーラソプラノデュオとして活動しており、今回は伴奏の方も含め計3名で演奏してくださいました。

子どもたちは演奏会が始まる前から熱気にあふれ、演奏会を楽しみにしてくれているようでした。また、近隣園の子どもたちも見に来てくださいました。

演奏会が始まると、星の音楽隊のお二人の美しい歌声と表情豊かな動きに子どもたちは釘付けになっておりました。

白雪姫では怖い魔女が登場したと思えば、ヘンゼルとグレーテルでは可愛らしい兄妹が登場!
また、猫の二重唱やキラキラ星変奏曲では素敵なお二人のハーモニーを堪能することができました。

子どもたちと視線を合わせ、時にはお話しながらなど、曲目や衣装、道具だけではなく、演奏会を盛り上げる工夫がたくさん散りばめられておりました。
子どもたちのコロコロ変わる表情がとても印象的でした。
思い出に残る演奏会をありがとうございました。

 

[プログラム]
喜歌劇「白雪姫」
はらぺこあおむしのうた
猫の二重唱
きらきら星変奏曲
だれにだって誕生日
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(がさごそ言うのなんの音~おどりましょうよ~眠たくなると)

1種類の楽器だけとは思えない豊かな音色のアンサンブル

代表の鈴木です。

本日は目黒区の有料老人ホームに、ホルン四重奏「ちぇっく#」の皆さんの演奏をお届けしました。

f:id:pbank:20171120212144j:plain

 

こちらの施設は、日頃のアクティビティは非常に充実しているものの、生演奏イベントは久しぶりとのことで、開演前は職員の方も入居者の方も少々緊張している様子でした。

しかしながら冒頭の「笑点のテーマ」で雰囲気が柔らかくなり、続けて演奏された「朧月夜」「早春賦」では早くも歌を口ずさんでいる方も!歌詞カードを配布しての「見上げてごらん夜の星を」などは、さらに大きな歌声が会場に響き渡っていました。

f:id:pbank:20171120212556p:plain

 

そしてこの日のハイライトは「でんでん虫組曲」。童謡「かたつむり」が、ちぇっく#のみなさんのオリジナルの紙芝居を交えて、さまざまな形で変奏されていきました。よく知っているフレーズが次々と形を変えて登場するので、みなさん興味津々に聞き入っていました。

f:id:pbank:20171120212927j:plain

 

終演後に、横の部屋で別の集まりに参加していたお客様から「今日は何種類の楽器を使って演奏していたの?」というご質問を頂きました。もちろん使っていたのは同じホルン4本なのですが、「ちぇっく#」の皆さんの豊かな音色のアンサンブルに、まさか1種類の楽器だけとは思わなかったとのこと。

 

1種類の楽器だけを使ってのアンサンブルは、音域や音色の変化をつけにくい難しさがあるのですが、ホルンという楽器の音域と音色の幅広さと、それを扱う「ちぇっく#」の皆さんの技術力の高さによって、大変聴きごたえのある演奏だったと感じました。ホルン四重奏、まだまだ大きな可能性を秘めている予感がします!

 

~プログラム~
笑点のテーマ
朧月夜
早春賦
楽器紹介
ホルン四重奏曲
でんでん虫組曲
見上げてごらん夜の星を
青い山脈
高校三年生
美空ひばりメドレー
365歩のマーチ(アンコール)

 

www.youtube.com

 

秋深まる大阪城公園のそばで

 

こんにちは、大阪支部コーディネーターの岩井です。


11月19日はココファン城東さんでバイオリンソロコンサートを行いました。
このココファン城東さんは大阪城公園のすぐ近くで、この日は森ちゃんのラーメンフェスタ2017が開催されていました!
通りがかりながら様子を覗くと、少し冬を感じる気候の中、ほんのり木々が色づく中でラーメンをすする姿はこれからの季節の醍醐味を感じました。

 

実はこのコンサートは最初は10月22日に開催する予定でしたが、台風による悪天候のため延期になっていたのでお天気に恵まれてほっとしました。

演奏会には50名程度の入居者様や施設の職員の方が集まってくださいました!

みなさん作成したプログラムと歌詞カードを持って笑顔で待ってくださっているのが印象的でした。

 

f:id:htakimoto:20171127143821j:plain

 

最初は「川の流れのように」から演奏しました。
バイオリンの切ない音色とぴったりで曲間で拍手が起きたりバイオリンの弾き方に興味津々の様子でした。

次のカノンロックは激しいパフォーマンスの演奏で、お昼下がりに突然演奏したらびっくりしてしまうかもしれないと少し心配もしたのですが、利用者の方々もかっこええなぁと言ってくださいました!

f:id:htakimoto:20171127143920j:plain

 

施設の方から歌詞カードの紹介もあり、その後の「また君に恋してる」「愛燦燦」「時の流れに身をまかせ」はたくさんの方に大きな声で歌っていただきました。

最後は長澤さんのオリジナル曲である「存在証明」を演奏しました。
疾走感のあるさわやかな曲で、利用者の方の手拍子を受けて、大いに盛り上がったのではないでしょうか。

f:id:htakimoto:20171127143956j:plain

そのあとアンコールの予定でしたが、機材のトラブルがありすぐに演奏できない状況になってしまったので、準備の間私も少しマイクを持って利用者様と交流させていただきました。
なかなか聴けないバイオリンの音色を楽しんでいただけたことがわかり、とても嬉しかったです。

機材調整の途中、長澤さんに「moon river」を演奏していただきました。
この曲は映画「ティファニーで朝食を」でオードリーヘプバーン演じるホリーがギターで演奏する劇中歌ですが、題名を聞いただけではピンと来なかった方も、演奏を聴いて聴いたことある!!と言ってくださる方もいらっしゃいました。
メロディを聴くだけで思い出されるものがあるのが音楽のいいところだと感じました。

アンコールは情熱大陸でした。
アップテンポで目まぐるしく変わる音楽に手拍子をしたり、演奏する姿に釘付けになる姿もありました。

演奏後写真を撮らせてほしいとお願いしたら、キメ顔してくれました。
次は笑かしてみたいと思います!

f:id:htakimoto:20171127144026j:plain

演奏にご協力いただいたココファン城東のみなさま、演奏してくださった長澤佑樹さん、ありがとうございました!

【プログラム】
川の流れのように
カノンロック
また君に恋してる
時の流れに身をまかせ
愛燦燦
存在証明

【アンコール】
moon river
情熱大陸

秋の美しい調べ ~フルートカルテット〜


こんにちは! コーディネーターの楊です。 11月19日(日)に、ケアポート板橋にて、chou chou torteの皆さまによるフルート四重奏のコンサートが行われました。 コンサートはアルプスの少女ハイジでお馴染みの、「口笛はなぜ〜遠くまできこえるの」という、爽やかなメロディからスタートしました!

f:id:htakimoto:20171127143114j:plain

 

くるみ割り人形では、美しいメロディが奏でられ、入居者の皆さまもうっとり聴き惚れていました。
次に、楽器紹介を行なって頂きました!
フルートって、3つに分解出来るんです。皆さんご存知でしたか?

f:id:htakimoto:20171127143038j:plain


しかも、そのそれぞれでメロディを奏でることが可能なんですよ! 実際にメリーさんの羊などを演奏していただき、私も思わず見入って、そして聴き入ってしまいました…。 中には口ずさんでいる方も!

f:id:htakimoto:20171127143055j:plain


高校三年生からは、入居者の皆さまにも歌ってもらい、コンサートはさらにぎやかに♪ 特に上を向いて歩こうは、曲が始まる前から歌っている方もいらっしゃるほどで、曲が始まると手拍子も加わり、とても盛り上がりました!

 

f:id:htakimoto:20171127143443j:plain

フルートならではの美しい調べに癒された秋のコンサートでした。

寒い日が続きますが、皆さま体調に気をつけてお過ごし下さい。

プログラムは以下の通りです。

 

1. アルプスの少女ハイジより「おしえて」

2.日本の童謡メドレー

3.くるみ割り人形より

4.高校三年生

5.川の流れのように

6.青い山脈

7.浜辺の歌

8.上を向いて歩こう 

 

ポップスからジャズまで!様々なジャンルのトランペット独奏

 

こんにちは!

東京支部コーディネーターの瀧本です!

 

本日はグランフォレストときわ台さんにて、

トランペットとピアノの演奏会が開催されました!

 

突然ですが、皆さんはトランペットという楽器について、

どのようなイメージをお持ちですか?

私は軍楽などで用いられ、輝かしく迫力のある音が出る楽器・・

というイメージでした。

ですが、今回の演奏会でそのイメージが良い意味で覆されました・・!

 

f:id:htakimoto:20171122202232j:plain

とてもわかりやすく楽器についてお話される

トランペット奏者の冨岡さんです。

 

♪プログラム♪

1.見上げてごらん夜の星を
2.スイート・メモリー
3.この素晴らしき世界
4.イパネマの娘
5.歌劇「トゥーランドット」より"誰も寝てはならぬ"
6.津軽海峡・冬景色
7.川の流れのように

 

1曲目から見上げてごらん夜の星をやスイート・メモリーズと

たっぷりと歌い上げるトランペットの音色に聞き惚れてしまいました。

 

この素晴らしき世界やイパネマの娘では

ジャズとしてまた違ったトランペットの音が会場に響き渡ります。

f:id:htakimoto:20171122202248j:plain

 

様々な表情を見せるトランペットの音色に

お客様も笑顔で聴いていらっしゃいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒さ深まる中、 対話ありの心あたたまるコンサート

 

こんにちは!

東京支部の玉里です。

癒しのデイサービス草加安行様でコンサートが開かれました。
奏者様はピアノ、ギター担当のthe chocolate box様と、歌手のあいちゃん様の3名様でした。

こちらの施設様で2回目のコンサートだったようです。利用者様がそわそわと楽しそうに演奏を待たれている様子が伺えました!

f:id:htakimoto:20171130195100j:plain

 

〜プログラム〜
1.上を向いて歩こう
2.青い山脈
3.神田川
4.ホール・ニュー・ワールド
5.里の秋
6.君といつまでも
7.蘇州夜曲
8.オーシャンゼリゼ

最初の、1.上を向いて歩こうから一緒に歌いました。
利用者様が懐かしむことのできる選曲ばかりで、皆さん肩を揺らして楽しんでいらっしゃいました。
4.のホール・ニュー・ワールドは、the chocolate box様とあいちゃん様の男女デュエットで
可愛い恋心と、ディズニー世界が広がっていました。

f:id:htakimoto:20171130195319j:plain


最後時間に余裕がありましたので、
瀬戸の花嫁も歌って頂きました。
こちらは実は、当日本番前に急遽決まったのですが、急遽決まったとは思えない演奏でした!
瀬戸の花嫁含めて9曲、あっという間の45分でした。


奏者様が利用者様とのコミュニケーションをとても大切にされていて、何回も一緒に笑う時間がありました。
そのような時間の中で、自分の学生時代を語って下さった方もいました。
懐かしんで頂けたようで良かったです。

f:id:htakimoto:20171130195220j:plain

また、最後終わった際は
「またきてね!」
「また行きますね!」
といった会話も聞こえました。

当日は雨と寒さが身にしみる日でしたが、
音楽の秋を堪能できた
心あたたまるコンサートとなったのではないでしょうか。


施設の方々、利用者の方々、奏者の方々、関係者の方々、誠にありがとうございました!